出店者こけ子さんの紹介

こけ子

「特別なことを日常に。日々の暮らしをていねいに。ささやかな幸せを」をモットーに

こけ子さんが愛してやまない「こけし」以外にも、民藝や美術などにも造詣が深く

優しい雰囲気の中にも知的なセンスが光る女性です。

また大阪にお勤めながら、京都好きが高じてこちらに移住されとか。

日々京都暮らしを満喫しておられます。

こけ子さんは、旦那さんがお好きだった「鉄道ジオラマ」と、こけ子さんが好きな「こけし」を組み合わせた「こけし鉄道」というユニークな鉄道会社のマネージャーをされていますが、なぎつじSKIPでは特別に、「こけし鉄道」のジオラマの初公開の他、こけ子さんの愛してやまない「こけし」秘蔵コレクションを展示して頂きます。

*こけ子さんに質問コーナ*

「こけ子」さんと「こけし」の出会いは?

 もともと、古いもの全般が好きな私。色んな骨董市を見る中で、いわゆる、昭和レトロな「お土産こけし」(今でいう、ご当地キャラ的なもの。各地の名産とこけしが合体した商業的なもの。)を集めていました。

 たまたま、京都の東寺の市で、比べものにならない大きさで、どーんとたたずんでいたのが、いわゆる「伝統こけし」。仏のような表情と存在感は、私の心に衝撃を与え、以来、「伝統こけし」には長い歴史の中で、様々な系統や種類があることを知り、調べたり、実物を見れば見るほど奥深く、「こけし」の虜になっていったのでした。


こけしの魅力とは?

 「こけし」のイメージを人に聞くと、最初に出てくる言葉の多くが、「怖い」「不気味」「昔、おばあちゃんちのテレビの上にあった」など、一般的に「こけし」は、あまり身近に感じていないことが良くわかります。私もはじめはそうでした。「こけし」を思い浮かべると、大体同じような「こけし」を想像すると思います。

 でも今日、実際に色んな系統の「こけし」を見ていただいたら、イメージが変わると思います!なんといっても、表情や色彩、模様、佇まいが様々!!伝統的な表現は残しつつ、見方によっては、現代アートのような作品に思えたり、「かわいい」と思った「こけし」が、実は若い人ではなく、年配の工人さんが作っていたりと、そのギャップもあるんです!

まずは色んな「こけし」があることを、実際に見て、知ってもらう機会を提供することが、一番大切かなと思っています。

なぎつじSKIPでは、こけ子さんの「こけ子のなぎつじ SKIPこけし展」の特別フリーペーパーをお渡しします。木原晶子さんの可愛いこけしイラストと共に、こけ子さんのお気に入りのこけしが紹介されています。

お楽しみになさって下さいね!


●こけ子さんのツイッターは☞こちら

なぎつじSKIP

いつものこの町でとっておきの毎日を。 椥辻保育園は子育て支援から日常を豊かに彩るとっておきの地域イベントを行います。